社員インタビュー INTERVIEW 営業職

営業職

PROFILE

TEPPEI KAWAI 河合 鉄平東京支店 営業2課/2016年入社
愛知大学文学部出身。新規契約獲得を最大の強みとし、ENEOSウイングのシェア拡大に大きく貢献している。その熱意ある営業姿勢で、お客様からも「あなたと会えて良かった」と言われることが多々ある。
1年目から会社を代表し経営層と交渉
ENEOSウイングは、常に前向きな目標や課題をたくさん与えてくれ、その取り組みの結果に対して報奨などの形できちんと評価してくれる会社です。言い換えれば、評価される機会、成長できる機会が豊富にあるということ。皆が常にポジティブな気持ちで仕事に取り組め、社員も会社もどんどん成長するという好循環会社を大きく発展させていきます。
SECTION_01

志望の動機と入社してからの印象は?

自身が担う毎月の取引額が 数億円規模で、営業力が磨かれる
一人の営業担当者が担う金額の大きさに魅力を感じENEOSウイングを志望しました。実際に新人の頃から多くのお客様を担当し、管理する金額は、多いときには月に2〜3億円となりました。値段交渉は、1円違うだけでトータル数百万円の差になるため緊張感がありますが、会社を代表してお客様と向き合えることがやりがいです。また、燃料油の販売は商品や価格の面で他社と差が出しにくいため、自分の営業力が最も試されます。そのため、営業スキルやトーク技術が確実に向上する環境だと感じます。加えて、ENEOSウイングの支店は、各地域の一等地にあるため、通勤が快適であることも魅力のひとつでしょう。
SECTION_02

現在携わっている仕事とそのやりがいは?

百戦錬磨の経営者と直接交渉し ビジネスパーソンとして急成長
東京支店営業2課では、東京・千葉・茨城を担当エリアとして、法人のお客様をメインに軽油などの燃料油販売の営業活動を行っています。取引先は運送業者や土木・建築業者などを中心に約2,000社にもなり、営業職員は1人につき100〜200社を担当。毎月の取引額は数億円を軽く超えます。私は千葉と茨城をメインで担当し、飛び込み営業などで新規顧客の獲得を進めたり、既存のお客様を定期的に訪問して、販売量や価格交渉を遂行します。運送会社にとって燃料は経費の大部分を占めるため、大多数の交渉は経営層と直接行います。経営者の方と直接お話する機会が豊富であることは、ビジネス面はもちろん、人間的な面での成長にもつながることは間違いありません。

SECTION_03

会社や所属部署、仲間の雰囲気は?

営業手法を教え合うなど、同期の絆が非常に強い
入社前や入社直後から同期と集まる機会がとても多いので、絆が強いです。足を引っ張り合うのではなく、前向きに競争して切磋琢磨できる関係は、ENEOSウイングならではです。例えば、軽油販売が得意でオイル販売が苦手なAさんと、軽油販売が苦手でオイル販売が得意なBさんがいれば、互いの営業に同行してそれぞれの得意分野の営業手法を教えあったり、お客様情報を共有し高め合います。それは、皆が「会社を成長させて、お客様によりお役立ちしたい」という一つの目標に向かう仲間だからです。また、コミュニケーションを重視する社風で、食事会や親睦会などの場も多く設けられています。社内の人間関係が常に良好なのでとても働きやすいです。
SECTION_04

今後の目標は?

競合他社の顧客にも積極的に訪問 多彩な商材で、関係を育んでいく
今後もENEOSウイングのブランドを生かし、競合他社の顧客にも積極的に訪問していきます。最初はトラック数台分のお取引からでも、徐々にシェアを広げられるところにやりがいと面白さを感じます。また、ENEOSウイングの商材は燃料油だけでないです。コーティングや保険、トラックツールなど多岐にわたります。そんな多彩な商材からも積極的にアプローチして、新規のお客様のさらなる開拓や既存のお客様との関係強化も実施中。さらに、交渉時には、原油の推移や為替の動きなどをまとめて提示するなど、お客様を説得するための資料作成に力を注いでいます。そのような営業手法を後輩にもしっかりと伝えさらなる成長を目指します。
  • 2016

    東京支店 湾岸浦安フリートTS
    1年目はスタンド業務を経験。実務を通して、業界知識やドライバーニーズを徹底的に学ぶ。多くの研修にも参加して、スキルアップを図る。夏季新人キャンペーンでは、3位入賞を果たした。
  • 2017

    中部支店 営業2課
    1人で200社以上を担当。会社を代表して客先を訪問する責任を重んじながら、積極的な営業活動で、キャンペーンでのトップ成績を連発する。2018年には、新規獲得件数が上期2位、下期1位となった。
  • 2019

    東京支店 営業2課
    移動中に気になったトラックのナンバーや会社名をメモし、飛び込み訪問するなどアグレッシブな営業を展開。東京支店転勤後の約3カ月で新規顧客を15件獲得した。今後もさらに新規獲得件数を増やし、全国営業マンランキングの入賞を目指す。