人事部メッセージ MESSAGE 人事部メッセージ

人事部長

PROFILE

HIDEO SONE 曽根 秀雄人事部 部長(※2021年取材時点)/1990年入社
神奈川大学経済学部出身。営業職を経験後、人事部に異動し、12年前から人事部長を務める。一番印象に残っているのはENEOSウイング発足時。社員一人ひとりの悩みに耳を傾けながら「人事は、常に社員と会社に寄り添うことが大切だ」と強く感じたという。
「この会社で働きたい」と入社し、日々「油」と「汗」に塗れて頑張る社員が、「この会社に勤めてよかった」と思える会社にしていくために、多くの社員と会話し、社員の思いを具現化できるハートを持った人事部であり続けたい。
MESSAGE_01
これから当社は、エネルギー転換という未曾有の変化を迎えることとなります。脱炭素社会が進み、石油製品の需要減を実感する一方で、当社には「全国に多くのお客様」「明るく元気な社員」「全国に広がるSSネットワーク」などの、魅力的な経営資源があります。これらを最大限に活用し、多様な発想を持ち、次世代を見据えた新たな事業展開を積極果敢に模索していく、躍動感に溢れた会社です。
そんな当社が求める人材は、当社の強みを活かして将来の収益の柱づくりを全社員が一丸となって実現していこうと挑む姿勢を持った方です。具体的には、「変化に柔軟に対応できる人」、「現状に甘んじない人」、「目標と戦略を考える力を持った人」、「アドバイスを素直に受け止め改善できる人」、そして「行動に移せる人」、そんな力を備えた人材に入社してほしいと願っています。
社会人は、報酬に見合うだけの「価値ある仕事」が求められます。学生時代のように、授業を受けるがごとく、与えられるのを待っているだけでは何も得られません。「成功」と「失敗」、この「差」はなぜ発生するのか?その原因を自ら探り考え、より良くするための行動を行っていただきたい。そうすることで、自分の成長を実感し、徐々に仕事が「楽しいもの」へと変化していくはずです。
成果を出したときの喜びや、成果を出せなかったときの口惜しさ、そして、成果のために努力して成長した自分を感じられる環境が当社にはあります。
ぜひ私たちと一緒に切磋琢磨し、「楽しく仕事ができる仲間」になっていただければと期待しています。

採用担当

PROFILE

ASUKA ISHIDA 石田 明日香人事部 人事課(※2021年取材時点)/2019年入社
名古屋外国語大学現代国際学部出身。入社1年目から人事課に所属。仕事のモットーは「ていねい」「Better than yesterday」。2020年にはコロナ禍での大学生向けインターンシップを企画・運営するなど、新卒採用の担当者として活躍している。
MESSAGE_02
ENEOSウイングは、世の中の物流やカーライフを支え、社会全体の機能を維持する大切な役割を担っています。自動車業界におけるEV化が加速する中、現状維持では生き残れないという強い危機感を抱く一方で、これからもお客様のカーライフに寄り添う存在として、新たな事業を生み出しながら、よりよいサービスを提供していきたいと考えています。
私の考える当社の求める人物像は、挑戦心のある方、現状に満足しない方。そして、変化にも柔軟に対応し、自身をブラッシュアップしていける方です。当社に限らず、また大きい・小さいに関わらず、課題のない職場はありません。その課題をどのように察知し、動けるかは自分次第です。だからこそ、現状維持で満足せず、自ら課題を発見し、行動できる方を求めています。そのため当社に入社された際には、目の前の仕事に対して「何が目的なのか」「どういった効果があるのか」を考えて行動して欲しいです。また、自分自身が取り組む業務だけでなく、周りの方の業務にも目を向け、会社のことをたくさん知ってもらいたいと考えています。
当社では、若いうちから責任ある仕事をお任せし、本部で会社全体に関わる業務を行うことも可能です。将来の幹部候補として、責任感を持って業務に取り組むなかで、経営目線を養いながら確かな成長を実感できると思います。
企業を選ぶ時のポイントは、大きく2つあると思います。「世の中にどのような影響を及ぼしたいか」と「どのように成長したいか」です。どんな企業でも、何かしらの形で社会に貢献し、成長を感じる瞬間はあります。そのうえで就職活動では、もう一歩踏み込み、より自分に適した業界・企業を選んでもらいたいです。働くことは簡単ではありません。つらい瞬間もあります。それでも、社会に役立ち、成長する実感を得られれば、きっと幸せな社会人生活が過ごせると考えています。ぜひしっかりと企業を見定めてください。そして、その先にENEOSウイングを選んでいただけたら幸いです。